メニュー
カート

黒の上の赤のドリップ

※A4サイズ時のイメージになります。

黒の上の赤のドリップ

33330 yen (+tax in) ~
横島 剛
横島 剛
≪制作する目的は何ですか≫
私にとっての制作は「私自身を驚かせてくれる何か」を探す行為です。制作に際して私自身の意図やイメージを持たないように、あるいは捨てるように努めています。
私は美術を極めて個人的な体験だと考えます。また「美」とか「価値」とかそうした類のものは、作品の中にあるのではなく、それを見出す人の中にあると考えます。
≪美術にはどのような効果があると考えますか≫
美術の効果は、常識(私たちの認識の習慣。わかりきったこととして前提を疑わない態度)から、私たちを解放することにあると考えます。それは「驚き」であったり、時には(よりどころを失うことによる)恐怖を伴う体験なのかもしれません。
フレームを選択してください
マット台紙を選択してください
合計
0yen (+tax in)
カートに入れる
出力用紙
RCベース半光沢フォト紙
外寸
外寸
画寸
A3/420mm × 297mmA4/297mm × 210mmA5/210mm × 148mm
送料
2万円以上(税別)購入で無料
発送日
ご注文から3週間以内に発送いたします。安心してご購入いただくために、商品到着から7日以内の返品が可能です。お問い合わせフォームから、返品ご希望の旨をご連絡ください。詳細は「よくある質問」のページをご確認ください。
黒の上の赤のドリップ

RELATED ARTWORKS同じクリエイターの作品

横島 剛

横島 剛

横島 剛  よこしま たけし 埼玉県所沢市在住 ≪Group Exhibitions≫ 1990年10月 90自由美術協会展/東京都美術館  1990年10月 アート・フィスティバルMITO・10月展/水戸芸術館 現代美術ギャラリー 1992年10月 AJAC New Art in Japan展 ~重層空間への挑戦~/東京都美術館 2019年2月 Julian Espinal Art Project “Genesis Collective Exhibition” / New Jersey, United States 2020年9月 ArtLifeTokyo×中目黒LOUNGE 2022年10月 TOKYOSAKEFESTIVAL2022 新宿住友三角ビル ≪Solo Exhibitions≫  1992年4月 ギャラリーなつか  東京銀座 1993年9月 Morris ギャラリー   東京銀座 1994年10月 Morris ギャラリー  東京銀座 1995年10月 Morris ギャラリー  東京銀座 1996年11月 Morris ギャラリー  東京銀座 1996年   Gallery & Bar One-handed Red Percent 東京西麻布 2017年4月~SNSで作品を配信

本ウェブサイトはクッキーを使用しています。サイトへのアクセスを継続することで、わたしたちの定めるのポリシーに同意いただいたものとします。