メニュー
カート

  • HOME
  • 記事一覧
  • アートの飾り方に新たな選択肢。作品に奥行きと透明感を生む『フォトアクリル』フレーム。

ARTICLE記事

アートの飾り方に新たな選択肢。作品に奥行きと透明感を生む『フォトアクリル』フレーム。

お気に入りのアート作品を飾ろうと思ったら、どんな方法を想像しますか?額縁にアート作品をセットした額装の状態で飾ることを想像する方が多いのではないでしょうか。額装以外の方法に「フォトアクリル」という選択肢があります。

飾り方によって作品の印象は変わってくるものですが、フォトアクリルは、作品に透明感と奥行きを持たせてくれます。額縁のように四方から囲われていないため、純粋に作品の姿を楽しむことができます。また、アクリルには厚みがあるので、見る角度によって作品の表情が変わり、壁に透明感のある写真がふわっと浮いているように見えることも、フォトアクリルだからこそ表現できる美しさなのです。

ここでは、まだあまり知られていないフォトアクリルの魅力をお伝えします。

 

 

額装とは異なるフォトアクリルの特徴と魅力。

「フォトアクリル」は、高精細な水性顔料インクジェットプリンターでプリントされた写真用紙の上に、アクリル板を圧着する加工方法でつくられています。非常に透明度の高いアクリル越しに作品を見ることになるので、作品を鮮明に、さらに立体感を持たせることができます。ただ美しいだけではない、機能性の高さや、さまざまな表現を可能にする、幅広い加工方法についてもご紹介します!

 

作品はいつまでも鮮明なまま。高い作品保護効果。

アクリル素材はアート作品を保護する上で2つのメリットがあります。
一つは、アクリル素材自体に紫外線をカットする性質があり、作品の色褪せ(もしくは変色)を防ぐことができます。
もう一つは、プリント面がアクリル板で保護されているため、印刷の剥がれや傷が付きにくく、水などにも強く耐久性があることで、長期的に作品を劣化せずに飾る事が出来ます。 

バリエーション豊かなアクリル加工。自分好みにアレンジ可能!

フォトアクリルは作品にアクリルをただ貼り合わせるだけでなく、様々な加工を施すことができます。丸くカットする、厚みをもっと持たせて奥行きを楽しむ、アクリルの透明部分を活かして、部分的にプリントするなど、幅広いカスタマイズが可能です。

ご自身のお好みで作品をより際立たせたり、お部屋にマッチするアレンジを追求する楽しみもあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

①アクリルの厚みの調整

アクリルの厚みを調整することができ、横からのアクリル越しの作品の見え方に変化を持たせることができます。ARTWORKS.galleryでは通常壁掛けタイプの5mm厚です。他にも、3mm厚に設定することができます。置型で作品を飾りたい場合は、デスクにそのまま設置できる厚みの20mmに加工が可能です。

 

②変形の切り出し加工

額装の場合、形状が長方形や正方形に限定されますが、フォトアクリルの場合は、曲線や直線などを組み合わせた変形の切り出し加工で、ご自身のお好みのフォルムに仕上げることができ、オリジナリティとユニークさを持たせることが可能です。

 

③レイヤープリント

アクリルの厚みを活かし、アクリルの表面、背面の前後に分けて作品をプリントすることでレイヤー感を楽しむことができます。また、インクを何層も重ねることによって、立体感を生み出すといったアレンジの仕方もあります。

 

 

④クリアタイプ

アクリルの透明を活かし、透明部分とプリント部分を組み合わせて、プリント部分が浮き上がったような視覚的効果を楽しむことができます。

 

⑤アクリル額装

フレームをアクリルにする事で、正面だけでなく、側面から見た際も、作品の存在感を持たせることが可能です。

 

⑥エンボス加工

アクリルの上に部分的に透明のエンボス加工を施すことで、モチーフの輪郭線や特定のモチーフを浮き彫りにし、作品に立体的な強弱をつけることができます。

 

  

このように、フォトアクリルは加工や特注にも対応しているため、お好みの作品にご自身のこだわりやセンスを反映する楽しさがあります。

ARTWORKS.galleryでは上記のような特殊な加工についてもご相談を承っております。フレーム加工はアルミ製フレームや木製フレーム、アクリル製フレームがあり、色やサイズなどもお好みに合わせてフルオーダーメイドで制作が可能です。(記事記載のアクリル加工やフレーム加工のご対応は、別途費用と納期がかかります)

フォトアクリルは、最大の特性である「透明感と立体感」を活かし、額装とは異なるアプローチで、作品を引き立たせることが可能です。ぜひ、お気に入りのアート作品を飾る際に、フォトアクリルを用いてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:「ARTWORKS.galleryが扱う、こだわりの国産フレーム。額縁は、インテリアのキーアイテム」

本ウェブサイトはクッキーを使用しています。サイトへのアクセスを継続することで、わたしたちの定めるのポリシーに同意いただいたものとします。